1枚の写真

あ、見えた。また見えた!

私には、ある女性の背後に、いっつも同じ写真が張り付いたように見えていた。

それが見えはじめたのはいつからだろうか。少し前からチラチラ見えるようになり、かれこれ、もう3ヶ月も経とうかと言う感じかな。

そもそもわたしは、人の背後に別の人を見てしまう、ということはしょっちゅうあるので、その事じたいは気にもならないのだが、問題は、その画像に映し出されたビジュアルだ。

明治から昭和初期のもんぺ姿の中年の夫人がふたり。木造の木戸の前に立って何かを話しているようだ。そしてその二人の背後にある風景が、私には理解しがたい。

何か長い棒のようなものを振り上げている男達がたくさんいる。いや女もいる。

いずれもこの二人と同じような年格好の人達だ。中には、大けがをしているのか、疲れて休んでいるのか、どうも血を流しているようにも見える人がいる。

これは大げんかの様子なのだろうか?

よくわからない理由のひとつに、この見えている画像がモノクロームのぼんやりした物だと言うのがある。

この写真を背負っている女性は私にとって非常に側近の方なので、私は思いきって、話してみることにした。

彼女の判断では、この写真の時代は、祖母にあたる人の時代かもっと前のようだという。

彼女も祖母のことをそれほど知らないようだが、どうやら農業を営んできた方らしいので、この長くのびている棒は、農家で使う道具かもしれない?

私は、これが何かのメッセージで何か悪いことがおきてはいけないと思っていたのだが、本人はそれほどの興味を示さなかった。

しばらくして、私もこのことは、忘れるとはなしに、忘れていたのだろう。

しかし、最近になって、以前は、はっきり見えなかった手前に写っているもんぺ姿の女性の顔が、その片方の人のアップの表情もよくわかるようになってきたのだ。

そして訴えかけてくる!

それは昭和初期の開拓の時代。土地を耕す仲間達に争いがおきた。この頃は、よくある村の光景であったのだろう。ケガをして呻く声、この人は亡くなってしまったのかもしれない。そんな光景を心の底に抱え続けている人が、彼女の先々代くらいにいるのではないだろうか。

それは彼女の祖母の記憶なのか、もっと以前の人の記憶なのかは今のところ、わからない。でも、その残像が彼女というエネルギーフィルターを通して、発生して見えたは確かだ。

できることなら、いずれ現地に行ってみたいと思う。

さて

先に、人の背後に別の誰かを見てしまう。ということをお話ししましたが、そもそも良くわからないことをいっているな?と、感じた方も多いと思います。

ここで、少しだけ補足させていただきます。

まず、背後の人の見え方は、普通の人物と同じように見えたり、今回のお話しの様に一枚の写真のように、シーンとして見えます。

では、それが何なのか・・・。それをずーっと考え続けてきました。が、未だにはっきりした答えはみつかっていません。

ただ、私は、見えているものが幽霊だとは思っていません。

生きている人も、生きていた人も、こうしたい!こうあってほしい! という希望を強くいだいている場合に、それが強いエネルギーを持つ。その想念のようなエネルギーをキャッチしてしまうのではないかというのが、科学好きなくせに、民俗学が大好きな私の持論です。

こう思うまでには、それなりの理由がありました。

いずれ、お話しを通してお伝えしていきますので宜しくお願いします。

だいぶ時間があいてしまい、すみません。仕事や家事の間に、少しづつ書き溜めたものを掲載していきます。

さて、皆さん!人のエネルギーは、死んでも残っているのでしょうか?私の長年の疑問です。