解除に向けて準備すべきこと

緊急事態宣言が発動された時点で、解除していくことの方が難しい。解除された場合にすべきこととして、以下4つの対策を掲載した。

その中のレストランの個室やパテーション案が先に解除された韓国では、すでに採用されている。左右のお客さん同士の接触・飛沫を避けるために、透明のパテーションで仕切っている。

日本はイベント自粛でイベントの施工屋さんが空いているところもあると、私も仕事柄話は聞いている。イベントスペースの立て込みと似たような形で、いくらでも仕切りは作れる。そういう業者さんの協力を得れば、

・学校

・レストランなどのお店

・オフィス など

 も結構うまく飛沫を避けられるようにセットアップできるとだろう。

少しでも参考になれば幸いと思うので、前と同じ画像を以下に掲載する。今一度、解除後の動き方を考えて、準備してほしい。

またコロナ後の世界は結構、弱い人に優しい世界が創れるかもしれないと思っている。そういったビジネスプランに関しても後日、掲載していく。

1、飲食店舗のコロナ対策

2、教育現場のコロナ対策

3、お仕事先のコロナ対策

4、販売店舗のコロナ対策

*あわせて読んでほしい!「緊急事態宣言延長の1ヶ月で必ず解除させるためにやるべきこと」